ハゲたくない方 YouTube

LINEで送る
Pocket

こんにちは! グラハー美波です。

はじめましての方も、

そうでない方もご興味いただけたら、

こちらに自己紹介を書いてますのでぜひご覧ください(^O^)

美波自身の売りについても考えてみました。こちら

 

YouTubeもやってます!是非チャンネル登録お願いします!!

してくれると僕がひたすら喜びます!!

イトナミcity

美波 圭佑

 

ありがとうございます。

インスタ、フェイスブックは

↓↓↓

インスタ

フェイスブック

 

 

本日もたくさんの方にいらしていただき嬉しいです!

今日もありがとうございました😊

 

 

いつでもご予約お待ちしております。

来店時の次回予約や

電話でもネットでも(^O^)

tel 042-582-5655

ネット予約はこちら

 

こんにちはみなみです

今回はこれをやらないとはげるよ?

育毛の秘密について

今から実践できること5個のポイント

 

https://www.youtube.com/watch?v=RSIHCNrS5qk

なんで今回やろうと思ったか

いつもお客様と接して、悩んでる方がお多いです

そして僕自身も悩んでいるから

まだ途中だけど、結構調子いいから

そして、リクルートの調べで70%以上の方が悩んでいるとのデータ

10人中78

でポイント話す前に

育毛に必要な事知っておいて欲しいこと

髪の寿命

ヘアサイクル

頭皮環境

寿命男性 25  女性は 36

一本の髪の毛、毛根から生える回数は20回と言われています

そして10万〜20万本

150100

ヘアサイクル

成長期 26

移行期 3

休止期 34ヶ月

頭皮環境についてですが

その前に髪の毛について。まず髪の毛はタンパク質

でできている。筋肉をつける時に必要なものとおなじです

そして、髪の毛自体は肌の細胞が髪の毛になっている

なぜハゲると言い切れるか?

これは頭皮環境をきちんとできないと髪の毛がうまく生えることができなくなるからです。

毛根は死なない

けど毛穴に余分な汚れが残ると髪が伸びる邪魔になるから

まず必要なことはシャンプーの仕方

普段の生活でできるとうひかんきょうの整え方

食事

睡眠

運動

食事と睡眠についてはまた今度

運動についてはまぁ頑張るしかない

なので、今回はシャンプーについてと、頭皮環境について

まず、シャンプーの仕方は動画にしましたが、

そこで伝え損ねていたこと、おさらいも含めて5個のポイント

詳しくは概要欄

・お湯の温度

・シャンプーの力加減

・すすぎの時間

・いつシャンプーするか

・ドライヤー

1

お湯の温度こないだの動画では手に当てた温度

暑いのはダメ

肌と同じで乾燥する

アトピーは特にダメ

2

シャンプーするときには力いれない

指圧の時には適度に

爪立てない

イトナミのワックスつける時と同じ

3

シャンプを残さないのが大事

洗う時より時間長く

動画みて

4

朝シャンプーはダメ

朝シャンプーは頭皮に必要な皮脂をとってしまうから

紫外線とか排気ガスとかスタイリング剤から自分の皮脂でまもることが大切。

夜清潔な頭皮にしておくことで余分な汚れがないまま皮脂だけで守るから

毛穴に余計な汚れを溜めにくい

毛穴は無くなることがない。汚れで栓をするから髪が細くなったり、生えなくなったりします。

毛穴が無くなることがないので、気をつければきちんと生えてきます。

5

ドライヤーを使って乾かさないといけないのは、頭皮の環境を整えるため。

ドライヤーしないと寒いから。ではないんです。

人の身体は凄いので、寒いと体温を上げるため、震えて体温をあげようとしたり、

暑かったら汗かいて冷やそうとします。

それと同じで濡れたままの頭皮を乾かそうとして余計に乾いて乾燥する

また乾燥しすぎて皮脂の分泌が過剰になる。

ドライヤーの乾かしすぎはあまりないが、乾かしてる途中ドライヤーの熱が熱く感じるようになったらだめ。

これも頭皮環境を整えるために必要なこと。

あと育毛剤とか頭皮ようローションあるとなおいい

僕は育毛剤12回朝晩

まとめ

・熱すぎるお湯はだめ

・シャンプーは頭皮を痛めないよう

・しっかりじかんをかけてすすぐ

・夜シャンプーする

・ドライヤーと頭皮の保湿

これをしっかりできると髪が生える環境が整う

むしろできないと薄くなるいっぽうなので確実に薄くなります。

量多くてむしろ減らしたい人も

トップだけ薄くなる

おでこだけ広がる

いやですよね

なのでまずはできることからはじめて、

抜け毛予防、薄毛へのアプローチを頑張ってきましょう!!

ではまた!